脱毛器ケノンのカードリッジはどれ位持つの?

家庭用脱毛器のケノンはカートリッジ式となっています。つまり、カートリッジの寿命が来たら新しいカートリッジに交換しなくてはいけないということなのです。いくら本体が良くても頻繁にカートリッジを購入しなくてはいけないような商品であるのならば決して重宝する商品と言うことはできないものなのですが、ケノンの場合のカートリッジはどうなのでしょうか。ケノンのカートリッジにはラージサイズ、スリムサイズ、エクストララージサイズという3点のカートリッジがあるのですが、ラージサイズ一つとってもかなりの照射回数をこなせるほどの能力を備えているようです。使い方にもよるのですが、最初についているカードリッジとラージカードリッジを1個購入すれば全身脱毛しても2年位使えるようです。もちろん、一人で使用するのではなく兄弟や家族みんなで使用するといった場合は、それだけ照射の回数も増えるわけですから当然、カートリッジの交換はもっと頻繁になるかとは思います。しかし、基本的には家庭用脱毛器ケノンの場合にはやたらとカートリッジを購入しないといけないということはないようです。

脱毛器ケノンのレベル10最大照射は痛いの?

家庭用脱毛器ケノンはフラッシュ脱毛の機器です。照射レベルは1から10段階まであります。フラッシュ脱毛ですので基本的には黒色に反応する性質を持っています。そのため毛が太くて固い場所や毛が密集している場所、肌の色が濃い部分は反応しやすく痛みを感じやすくなると言われています。この他にも皮膚の弱い部分も痛みは感じやすいようです。では、ケノンの最大照射レベルであるレベル10での照射を行った場合の痛みの具合はどのようなものなのでしょうか。これは照射を行う場所によって違いがあるようです。あご下の首筋や乳輪周り、下腹部辺りへの照射は比較的痛みを感じるような部分であるようです。ただ、痛みを感じるほとんどの部分においても照射前にしっかりと冷やすことが出来ると痛みは嘘のように感じなくなるようです。例外もありiラインとスネだけは冷やしても痛みを感じることは避けられないと言う結果も出ています。それでもほとんどの部位は冷やすと言う行為がしっかりと行うことが出来るのであれば痛みをほぼ気にすることなく脱毛器ケノンを使用することが出来るようですので画期的だとは言えます。

脱毛器ケノンとトリアx4の違いは?

家庭用脱毛器には色々な種類があります。安価な機種から高めの値段の機種、脱毛の仕方が違う機種など千差万別と言っても良いでしょう。一昔前は家庭用脱毛器は機能不足のイメージを払拭できない部分がありました、最近では随分とその様相も変わってきました。特にケノンとトリアx4は高機能脱毛器の代表格と言えるのではないでしょうか。この2種の脱毛器の違いは結構明白です。脱毛の仕方が違うからです。ケノンの場合は脱毛サロンなどで採用されているフラッシュ脱毛、トリアx4はクリニックなどで採用されているレーザー脱毛という方法での脱毛になるのです。そのため、この2種類の脱毛器の特性の違いが出てきます。ケノンの特徴はフラッシュ脱毛のため1回辺りの照射面積が広く短時間で脱毛ができるということになります。一方のトリアx4は1回辺りの照射面積がケノンと比べると狭く脱毛に時間がかかる特徴があります。しかし、脱毛効果はトリアx4の方は効果が高いと言うことが言えるのです。トリアx4はカードリッジも不要です。こうしたことから脱毛効果に重点を置くのであればトリアx4、効率よく脱毛をしたいと言う人にはケノンがオススメできるということになるのです。